食は医なり、質のよい製品と健康

2回のモンタネラを得たイベリコ豚の抗酸化作用の驚くべき効果

CSIC-CIAL (食品学研究所)による研究では、2回のモンタネーラ(放牧期間)で育てられたイベリコ豚には、より多くの抗酸化作用があることが立証されました。

私たちアルトゥーロ・サンチェス社の信念は、美食家の皆様にとって私たちの製品が独特の香り、風味、食感に加え、健康的に優れているか、身体によいものかをご提供することですが、どのような科学的根拠で確信されたのでしょうか?                                FACYRE Science and Gastronomy(スペインの料理人菓子製造者連盟)委員会との協力で抗酸化作用が私たちの健康に有益をもたらす可能性があるかを示す研究を実施した結果、アルトゥーロ・サンチェス社が築いた理論は科学調査評議会の理論と一致することができました。

イベリコ豚生ハムの製造に関するすべての知識と経験を拡大鏡のもとに置き、4世代にわたって完成した私たちの製造方法が最終的に私たちの健康に優れた効果をもたらしたのです。

18か月間の研究では、イベリコ豚熟成中にアミノ酸が増加、ハモン・イベリコ・ベジョータの脂肪には抗酸化作用と高い数値のオレイン酸が含まれていることが判明しました。                         イベリコ豚は2回のモンタネーラを経てその期間中、良質などんぐりや香草、穀物を摂取し自由に動きまわることによってドングリに含まれるオレイン酸が増し、また良質な筋肉をつけます。2シーズンにわたってドングリを与えられたイベリコ豚は、ドングリを摂取しなかったグループまたはモンタネーラの期間中にのみドングリを摂取したグループと比較して、ほぼ2倍の抗酸化能力を示したのです。

こうした科学的立証により、2回のモンタネーラと2倍のドングリを摂取したイベリコ豚は、非常に独特な風味に加えて、私たちの健康に有益な特性をもたらすことが確認されました。

こちらのリンクから、スタディに関するすべての情報にアクセスできます。

Estudio jamón de bellota